2015年10月20日火曜日

10月20日 読みやすい工夫は?

こんばんは,TASUC国立教室の茂手木雪絵です。
TASUC国立は,たすく祭に向けた練習の真っ最中!
今年のたすく祭りのテーマは「朗読」です。
読む練習をすると同時に,チームで読むために自分の番まで「待つ」練習も必要です。
そのため,お子さんに合わせて,教材の工夫をして取り組んでいます。


Hくんは,担当ページが1番最後。
自分の順番が来るまでの見通しを持つために,本のページごとに担当のお子さんの顔写真を貼りました。
事前に誰が何ページ読むのかを,ページをめくって見通しをもってから練習開始です!
今,だれが読んでいるのか確認しながら自分の番を待ちます。
また,待っている間は,他の人が読んでいる文章を指なぞりすることに取り組みました。


あとどれくらいで自分の番になるかを確認できるので安心





「待つ」ためには,どれくらい待つかの見通しと,「待つ」ときに何をするかの目標想定が重要です。

お子さんの特性に合わせた教材を作成し,たすく祭優勝に向けて練習に取り組んでいきましょう!

<ずっと一緒だよ TASUC国立>

2015年10月13日火曜日

10月13日 集中するための環境調整をしよう

こんばんは,TASUC国立教室の茂手木雪絵です。
今日の療育では,どのように感覚の調整をするか,という話題が出ました。

療育中に周りの話し声が気になり,「イライラするぞ〜」と集中が途切れがちだったKくん。
先生に「こんなのもあるよ」とイヤーマフを差し出されると,「つけてみたい!」とイヤーマフを装着してみました。
何種類かあるイヤーマフを試し,バンドがきつめのものを選んで勉強を再開!
周りの音が気にならなくなり課題に取り組むことができました。

将来自ら選択し使えるも考えよう。



場面に応じて必要なツールを使いながら,自ら学習しやすい環境を整える。
お子さんのニーズに合った機能的なツールや対処方法を一緒に考えていきましょう!

<ずっと一緒だよ TASUC国立>

2015年10月8日木曜日

10月8日 たすく祭に向けて!

こんばんは,TASUC国立教室の茂手木雪絵です。
来月に控えた一大イベント,たすく祭。
今年のテーマは「朗読」です。
お家でも練習ができるように,療育でもたすく祭の練習が始まりました!
課題文は「よだかの星」と「風の歌を聴け」です。
文章を読むことがとても得意なRくん。難しい漢字もよく知っていて,自信満々で読むことができます。
そこで,1つポイントとして「抑揚をつけて読む」ことをRくんと約束。
リズムをつけて読むために,まずは先生が読んで,そのあとにRくんが復唱。
先生が読んだ文章をよく聞いてから読むことで,抑揚をつけながら読むことができました!


わかち書きになっているプリントを使って読む。お子さんに合わせて教材も変えていく。



感情を込めて読むことは,簡単なようで難しいですね。
まずは相手の声色をよく聞いて,模倣しながら読んでいきましょう。
<ずっと一緒だよ TASUC国立>

2015年10月1日木曜日

10月1日 相手が変わってもできるかな?

こんばんは,TASUC国立教室の茂手木雪絵です。
前期の振り返りも終わり,今週から後期の療育が始まりました。
人とコミュニケーションをとることが大好きな,Nくんとの療育でのエピソードです。

後期の療育では,「相手が変わっても,同じように頑張れるか」という般化の視点で,療育者が変更になりました。
休憩時間にブロックで上手に作品を作ることができたNくん。
この作品を先生に見てもらいたい!と,先生に作品を向けましたが,先生はお母さんとお話中…全く気付いてもらえません。
困ったNくんでしたが,PECSブックの表紙に,前期に練習した「見てください」のカードに気が付きました!
バーに「先生 見てください」とカードを貼って,先生に渡すことで,無事先生に作品を見せることができました。


先生のカードを使って構文する。どうやって注意喚起をするかも重要。


たくさん人と話したいNくん。
違う相手でも自分のツールを使って,「伝わった!」「見てもらえた!」という経験をたくさんしていきたいですね。

<ずっと一緒だよ TASUC国立>