2015年10月13日火曜日

10月13日 集中するための環境調整をしよう

こんばんは,TASUC国立教室の茂手木雪絵です。
今日の療育では,どのように感覚の調整をするか,という話題が出ました。

療育中に周りの話し声が気になり,「イライラするぞ〜」と集中が途切れがちだったKくん。
先生に「こんなのもあるよ」とイヤーマフを差し出されると,「つけてみたい!」とイヤーマフを装着してみました。
何種類かあるイヤーマフを試し,バンドがきつめのものを選んで勉強を再開!
周りの音が気にならなくなり課題に取り組むことができました。

将来自ら選択し使えるも考えよう。



場面に応じて必要なツールを使いながら,自ら学習しやすい環境を整える。
お子さんのニーズに合った機能的なツールや対処方法を一緒に考えていきましょう!

<ずっと一緒だよ TASUC国立>

0 件のコメント:

コメントを投稿