2019年6月4日火曜日

早期からの療育で自信をつけよう!


こんにちは。TASUC国立教室の奈良ともみです。
新緑の眩しい季節になりましたね。

TASUC国立教室では発達に心配のあるお子さんを中心に早期発達支援を行っております。
今回は早期から通っているお子さんの姿勢についてとお母様の声をご紹介します。

通い始めた頃は座位もフラフラしていたRちゃん。
保育園入園前は週3回TASUCに通い、日々の療育を積み重ねてきました。
課題を行う際は、足を床に付け、脇を閉め、左手を添えて右手で操作することを重点的に
活動を行いました。

療育での身体作りで学習態勢を整えることを中心に行い、フラフラしていた座位も、
背筋を伸ばししっかりとした座位をキープすることが出来ています。そのおかげで、座って絵本を読んだり、正面の相手に注目したりすることもスムーズになってきました!
身体が整うと、できることも増え、課題を終えた後は、本人の表情も、すっかり自信満々♩




【お母様の感想】************
  ダウン症の女の子です。2歳から1年間TASUCに通い、成長発達を支えてもらいました。
その伸びが、彼女のやりたいを支え、そして母の心の支えとなっています。
  始めた頃は、合併症が多くて2年間で5回も手術を受けたころもあり、やっとヨロヨロしたお座りが出来るようになったくらいでした。それが、この1年で歩行距離を伸ばし、段差の小さい階段なら1人で昇り降りできます。
  人は、当たり前ですが、心身一体です。TASUCの療育が良いなと思うのは、心身とも強くするバランスの良いクラスだからです。身体の成長とともに、認知面もとても伸びていると感じます。繰り返しの課題だからこそ、たくさんの上達を見ることが出来ました。

  先生達はかなり学習を積まれておられ、熱心で、安心して通っています。子どもへのガイドの仕方から、日々の悩みまで一番近くで一緒に見守ってくれているので正確な助言を頂けています。
*********************


毎日の療育の積み重ねが成果として表れ、今後の姿や活動が楽しみです!
これからも、ご家族とともに、お子さんの成長に向き合っていきます!

2019年4月25日木曜日

挑戦と再挑戦の機会を!〜本人のチャレンジを支えるための学校との連携〜

こんにちは、TASUC国立教室の鳥居麻生です。
新年度、新しい学校や新しい学級での生活がスタートしましたね。
張り切って通う子、ドキドキしながら通う子・・・様々だと思います。

今回は、新学期に向けてのご家庭と学校との連携について紹介したいと思います。
たすくに通うAちゃん。4月に小学校1年生になりました。

Aちゃんは、集団の前で発表することや初めての場面が少し苦手。ドキドキして、声がでなくなってしまいます。でも、お友達と楽しく遊んでいるときは、大きな声が出ます。
「大きな声で喋って!」「待ってるよ〜」(注目される)などの言葉がけにより、ますます頭の中が真っ白になってしまいます。

お母さんは、悩みました。
「どうしたら、Aちゃんが学校生活に適応できるのか?どうしたら、先生に特性や適切な配慮について正しく伝えられるのか?」
入学する小学校に、どのように本人のことを伝えようか?お母さんと作戦を練りました。そして、入学前に、学校との面談をしていただけることになり、そこで伝えることにしました。
伝える内容をお母さんと一緒に厳選し、先生方にも理解がしやすいように、「サポートシート」という形で情報をまとめることにしました。たすくでは、お母さんが、お子さんのことを正しく伝えられるよう、お母さまと一緒に言葉を考えて作成しています。

そして、面談を終え、後日お母様からご報告が。
「先生、サポートシートがあったおかげでよく理解してもらえました。配慮についても、学校の先生から具体的な提案をしてもらえました!」と嬉しいご報告がありました。




小学校に入り、すぐには慣れないことや困ってしまう場面もまだまだ多いですが、先生と本人のことを「共通理解」をすることができていることはとても心強いですね。

これからも、お子さんの正しい理解、そして対応について共通認識し、ご家族と学校とたすくとがタッグを組んで作戦を立てられるような関係を築いていきたいです。

==============
*個別相談会のお知らせ*
512() / 69() / 721()  
9:00 ②10:30 ③13:00 ④14:30 ⑤16:00 
  会場▶︎たすく国立教室

 186-0002  東京都国立市東1-4-9 ザダイマス5階 JR中央線国立駅徒歩2分)
 費用▶︎3,000
「自分のこどものことがよく分からない」、「どうしてあげればいいのか分からない」など、お子さんの現状と課題、将来のことが分からないと不安が募ります。そして、子育てに携わるご家族や支援者間にどう理解してもらえば良いか等、人的・物的環境を整えるための伝え方も悩みの1つになります。
 延べ500名以上のアセスメントと療育、家族支援を行ってきた専門家が、一人ひとりのご相談を承ります。アドバイス内容はレポートにして差し上げます。ぜひ、お子さんと一緒にご家族でお越しください。

詳しくは、こちらから:http://tasuc.com/soudankai/

*教室の様子を配信中です!*





2018年7月11日水曜日

見る力が成長の一歩になる!


こんにちは。TASUC国立教室の古田万智です。
暑い日が続いていますが、みなさま体調はいかがでしょうか。

さて、今回は学習を支える学びの中の『注視物の選択』についてです。
先程『服装を考える』という話をしましたが、みなさんはどのように服装を決めていますか? 多くの方が、たくさんの地域の天気予報の中から自分の住んでいるところやこれから出掛けよう とする場所の気温を見て判断していると思います。

こういったことは普段何気なくしていますが、自閉症やADH Dなどの発達障がいのあるお子さんの場合そういったことが難しいことがあります。 その結果として何をしていいのかわからない、指示が通らないといったことが起こり、『困った』 状態になるのです。

必要なものを見ることは、課題を解決する上で必要になります。 そのために見る必要のあるものを選んで見る練習を重ねていくことが大切にしていきます。

例えば、靴を履かせたいとき。自分でやりたいのに大人が代わりに手を動かしてしまう。 本人の視線は明後日の方向を向いたままということありませんか? なかなか物に注目できないAちゃん。本人の動作のペースに合わせて大人がゆっくりと手を添えました。その結果、見てほしいものを見続けることができ、視線が自然に動くようになりました。




目標の行動を獲得するためには、何をねらってその動きをするのか、本人がそれを達成するには どうしたらいいかを考えながらを常に意識をすることが大切だと改めて感じました。
これからも、お母様と一緒に本人の力を伸ばすための支援技術について作戦を立てていきます!


ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!

たすくグループは発達障害の専門家集団です。
一人ひとりのお子様に応じて理解し、それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症、アスペルガー、ADHD、LD(学習障害)など幅広い発達障害の
療育に携わり、10年の歴史他ある専門療育機関です。

私たちは一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸にして、
共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。

お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、
一貫性と継続性のある支援を一生涯とおして行なっていく基盤をご用意しています。

2018年6月20日水曜日

挑戦してみよう!

こんにちは!TASUC国立教室の奈良ともみです。
梅雨入りをし、紫陽花がきれいな時期になりましたね!

6月上旬、地域の商店街のお祭りがありました。
毎週日曜日に開催しているノルディックウォーキングの後のお楽しみとしてお祭りに皆で参加しました。

お祭りでの1コマを紹介します。

出店の楽しさもお祭りの醍醐味ですが、初めてのことを経験する場になった人力車の催しに参加した子ども達。
慣れてない乗り物への不安と人力車の安定感のなさ等、乗る前は怖がっていた子ども達も乗ってしまったら楽しくてもう一度乗りたいと泣き出すまでの心の変化が見られるまでになりました。

何でも挑戦してみよう!の気持ちを大切にしたいですね。
色々な経験と思い出が出来るよう家族会活動を今後も盛り上げていきます。


ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!

たすくグループは発達障害の専門家集団です。
一人ひとりのお子様に応じて理解し、それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症、アスペルガー、ADHD、LD(学習障害)など幅広い発達障害の
療育に携わり、10年の歴史他ある専門療育機関です。

私たちは一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸にして、
共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。

お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、
一貫性と継続性のある支援を一生涯とおして行なっていく基盤をご用意しています。


2018年5月30日水曜日

共創学習 国立の街へ

こんにちは。
TASUC国立教室の徳永瑞季です。

今日は今年度の共創学習について、ご報告します。

共創学習には三つのねらいがあります。

①個人別の課題学習や身体づくり等の「個性化」によって培った力を、「社会化」に繋げること。
②統合された社会で共に学び生きるためのスキルを身につけること。
③身近な家族や地域の方々への働きかけを行い、お返事をいただくなどして繋がること。


昨年度までは、これらのねらいを充たす「喫茶サービス」の活動を教室内で行っていました。みんなで分担して美味しいコーヒーをサービスし、時には手作りケーキを保護者の方々に振舞っていました。

今年度はこの活動をさらに発展させ、国立の街に舞台を広げています。

5月12日の初回の舞台は街の美味しいパン屋さんでした。

一口に買い物に行くと言っても、お子さんによって今身につけていきたいことは一人ひとり違います。大切なことは、お子さん・保護者・支援者の三者が、今は何を目標にしているかということについて共有することです。

例えば、「まっすぐ前を見て歩道を歩く」
    「スケジュールを確認し、それに沿って行動する」
    「気をつけたいことについて、理由を加えて明確に述べる」などなど…

ねらいを意識する「導入」、実際に買いに行く「展開」、振り返りの「整理」、みんな自分の目標に向けて頑張りました。







終わりの挨拶の後、お子さんが自分で選んだパンを嬉しそうに頬張る姿に、子どもも大人もみんな嬉しそうでした。


ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!

たすくグループは発達障害の専門家集団です。
一人ひとりのお子様に応じて理解し、それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症、アスペルガー、ADHD、LD(学習障害)など幅広い発達障害の
療育に携わり、10年の歴史他ある専門療育機関です。

私たちは一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸にして、
共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。

お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、
一貫性と継続性のある支援を一生涯とおして行なっていく基盤をご用意しています。


2018年5月21日月曜日

早期のコミュニケーション作り

こんにちは。
TASUC国立教室の奈良ともみです。

吹く風が心地のいい季節になりましたね。


TASUC国立教室では発達に心配のあるお子さんを中心に早期発達支援を行っております。
今回、早期発達支援に通っているお子さん達のコミュニケーションの一場面についてご紹介します。

活動から気持ちが逸れてしまったAくん、Aくんのことが気になるが言葉に出来ず見守るだけのBちゃんのお話です。

BちゃんはAくんのことが気になってみていますが、言語に繋がらない姿がありました。
語彙不足も沢山見られている為、状況を分析しつつ言葉を聞かせることを意識してみました。

そこで、子ども達が普段使いそうな動詞(遊びたい・作りたい・触りたい)等を厚チップで言葉を増やしていくことを現在の目標にしています。

見て聞いて
    ↓
言葉を判断
    ↓
自ら言う


この機会を沢山持ち、コミュニケーションの言語に繋げて行きたいと思います。

ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!

たすくグループは発達障害の専門家集団です。
一人ひとりのお子様に応じて理解し、それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症、アスペルガー、ADHD、LD(学習障害)など幅広い発達障害の
療育に携わり、10年の歴史他ある専門療育機関です。

私たちは一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸にして、
共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。

お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、
一貫性と継続性のある支援を一生涯とおして行なっていく基盤をご用意しています。

2018年4月21日土曜日

家庭でのスケジュールの取り組み

こんにちは。TASUC国立教室の鳥居麻生です。
新年度を迎え、新入学、そして新しい学年になっての生活が始まりましたね。

さて、TASUC国立では,春休み期間に,家庭訪問を行いました。
今回は、その取り組みからAくんについてご報告します。

Aくんの場合、普段から取り組んでいることが、
家庭でも定着しているかどうかを確認することを目的にしました。
特に,主体的に活動に取り組むための「スケジュール」にターゲットを絞りました。

Aくんは夕食を食べた後、お風呂に入るルーチンなのですが、
お父さんが仕事から帰宅して夕食を食べ、その後食休みをしていることを待てずに、
すぐにお父さんをお風呂に誘います。

お父さんは,「本人に待っていてほしい」という思いがありました。
そこで、どうしたら本人に、待つことを分かるように伝えられるかを考えてみることにしました。
待てない原因として、本人は夕食を食べた後すぐにお風呂に入ると思っていることです。
そこで、夕食を食べた後、お風呂に入る前にする活動を取り入れ、スケジュールで示すことにしました。

そして、時間については、本人は時間を見える形(タイムタイマー)で示されれば理解ができるため、活動の終わり時間をタイムタイマーを使って知らせることにしました。

↓家庭訪問後、早速お母様がカードを作成してくれました。




「待つ」ことを伝えるために、具体的に何をして過ごすのかを示し、本人が選んで組み込むことにしました。
お風呂の前に「選ぶ」がありますが、この時間は休憩時間なので、写真のオレンジのシートの中にある選択肢から休憩の活動を選んで取り組みます。


お互いに伝えたいことの意図を理解するためにもこのスケジュールは必須です。
本人が知りたい情報が何なのか?そして、どうしてうまくいっていないのか?を探りながら本人合わせたツールや指導方法をご家族と一緒に話し合って、用意していきます!

ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!

たすくグループは発達障害の専門家集団です。
一人ひとりのお子様に応じて理解し、それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症、アスペルガー、ADHD、LD(学習障害)など幅広い発達障害の
療育に携わり、10年の歴史他ある専門療育機関です。

私たちは一年に一度、ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメントを軸にして、
共に未来に向けた療育プログラムを作成し、ご提案いたします。

お子様の困り感に寄り添い、一つひとつスモールステップを踏みながら、
一貫性と継続性のある支援を一生涯とおして行なっていく基盤をご用意しています。