2018年3月7日水曜日

自らが全て!〜学習を支える学びの力

 こんにちは。TASUC国立教室の鳥居麻生です。
先日、3月4日でたすくグループは創立10周年を迎えました。
たくさんの方々に支えられ、またご家族や地域の支援者のみなさまと一緒に歩んできて,今があるのだと、改めて感じることができました。

 さて、今回はたすくの療育で最も大切にしているのが「自ら!=主体性」です。
そのため,主体性を評価する指標として「J⭐︎sKeps(7つのキーポイント)」を掲げています。ASD支援のための教育プログラムとして,J⭐︎sKeps(Japanese Seve Key Points)アプローチを実施しています。

 これは,子どもたちが多くのことを学ぶための基礎であり,中核であるポイントをまとめたものです。J⭐︎sKepsを学ぶことを柱に療育を進めることが,基本的人格を形成し,主体的名生活を送るための近道です。

 これまでJ⭐︎sKepsの発想がなかったため,
幼稚園や学校などで「学習」への取り組みができない理由を、
やる気がない!と「意欲の問題」だけで済まされてしまったり、
「仕方がない」と諦められてしまったりすることがありました。

 アセスメントでは,お子さんの現状と課題,将来について共通理解をして,
さらに,J⭐︎sKepsの各項目及び全体的な状態像を明らかにして,具体的プログラムを立てていきます。

発達が心配なことがあれば,お近くにある「たすく発達支援室」へご相談ください。


2018年3月5日月曜日

家族との協働〜療育の成果を上げるための記録の大切さ〜

こんにちは。TASUC国立教室の鳥居麻生です。

TASUCでは、「家族との協働」を柱に掲げ、ご家族を共同治療者としています。
毎回、ご家族に療育に同席していただき、ご家庭での取り組み方を確認しています。

先日行われた教材マスターの集いMAXでは家庭療育での取り組みを、2名のお母様よりご報告いただきました。
今回は、教材マスターの集いMAXの発表者であるAさんとの会話から、とある一コマをご紹介します。

Aさんは幼稚園に通うお子さんのお母様です。
Aさんとは早期からの療育の取り組みとして、

「家庭・外出先・幼稚園でのスケジュールの活用について」療育の経過をまとめ、発表することになりました。
入会前の様子や、入会直後の初アセスメントの様子、使用するツールの変遷などをAさんと一緒に振り返りました。
毎回、療育時に同じ場面(課題やツールの使用について)動画を撮影し、蓄積をしていきます。また、家庭での取り組みも動画に撮影し、報告していただいています。
普段の療育では目の前の課題に意識が向きがちで、本人の力の伸びを感じづらいこともあります。
動画の振り返りやツールの変遷を通して、
改めて「できていないことに目が向いて、伸び悩んでいると思っていたけど、できるようになったことがこんなにあったんだ!」とお母さん。
本人の成長を感じることができました。

これからも、ご家族とタッグを組み、日々の取り組みを記録として蓄積していきます。
そして振り返ることで評価改善を繰り返し、本人の力を伸ばしていきます!

**********
同内容で、3月10日にも行いますので、ぜひご参加くださいね。

教材マスターの集いMAX2018春 ②

テーマ:「カテゴリー10の活用と具体的な療育経過」
講師:たすくメンバー2人、ファシリテーター:鳥居麻生(TASUC国立教室)
日時:平成30年3月10日(土)14:00~16:00
会場:国立市東地域防災センター 2階視聴覚室
          (国立市東1-13-13)
費用:12,000円(割引制度あり。詳細は添付のご案内をご覧ください。)
お問い合わせ先:TASUC国立教室
                            (電話:042−505-9940  メール:kunitachi@tasuc.com)



2018年2月15日木曜日

お子さんがベストパフォーマンスを発揮するために〜

こんにちは。TASUC国立教室の鳥居麻生です。

 今回は、TASUCで最も大切にしている「子どもの理解」のための大切な視点について、紹介したいと思います。

 お子さんの学びを促進するためには、子どもたちの特性を良く理解して、配慮をしっかりすること『特性の理解と活用』が必要です。
同時に、特性は「強み」として前向きに捉えることで、子どもの能力を最大限に発揮することにもつながります。


先日アセスメントをしたAくん。
特性を良く理解し、しっかりと配慮した結果、ピークの力を発揮してくれました。

Aくんの場合、以下の2つの特性がトピックでした。

・同時に複数の情報を処理することが難しいことがある場合
「モノ・トラック(シングルフォーカス)」
→強みとして活かすには、【一度にひとつ!】
やるべきことや目標を一つに絞り、伝えることで、集中して取り組むことができます。


・がんばりどころや、休みどころを取捨選択するのが難しいことがある場合
「セントラル・コヒーレンス」
頑張りすぎて(集中しすぎて)、疲れてしまうことがあるAくん。
→強みとして活かすには、【頑張ることだけでなく、休むことも教えよう】
休むべき時にしっかり休めるよう、指導することで、本人のベストなパフォーマンスを発揮することができます。
Aくんの場合は、スケジュールに30分に1度の休憩を、組み入れます。


様々な活動場面で、ベストなパフォーマンスを発揮するために、
家庭や学校・習い事先と、『特性の理解と活用』を共有することが大切だと
改めて感じました。

**********
教室にご興味がある方、ぜひお問い合わせをお待ちしています。
また、特別支援教育、発達障がいのあるお子さんたちの支援について学びたいという学生のインターンシップ希望の方を募集しています。お気軽にお問い合わせください!


(担当 鳥居)

2018年2月9日金曜日

人から学ぼう!〜早期療育の大切な視点〜

こんにちは。
TASUC国立教室の徳永瑞季です。

早いもので、二月になりましたが、まだまだ寒い日は続きそうですね。

さて、今回はTASUC国立での早期発達支援の取り組みをご紹介します。
TASUCでは、「お子さんを理解することが先」を合言葉に、早期の療育アプローチに力を入れています。

その中でも、一人ひとりの発達に応じた課題の中で、手を添えて教えることを大切にしています。
『他者との役割を理解して,一緒に学ぶ。一緒に解決する』
早期発達支援では特に重要な視点です。

例えば
・クレヨンを正しく握って,手に力を込めて書けるように手を添える  
お母さんと療育者でガイドのポイントを確認!→お子さんと実施する際に実践!
























・バランスボールにお腹で乗って、手をついて支えられるように身体に触れて保持するのを助ける。 



















手を添えてもらい取り組む中で、机上学習での体勢を学んだり、身体の発達を促します。

「背後や横、正面からのガイドを受け入れることができるか」
という視点は学習に対する構えを学ぶために大きなポイントとなります。
ガイドを受け入れられることで、相手に応じ、身体で覚え、人から学ぶことができるようになります。

その際には、身体の発達の段階や、感覚調整について問題がないかをしっかり見極めることも大切ですね。


療育の中では、お母さんと一緒にお子さんにあったガイドの方法や、コツを考えて実践しています。
たくさん手を添えて、身体を触れて、教えることで、子どもたちの学ぶ力を育てていきたいですね。


**********
教室にご興味がある方、ぜひお問い合わせをお待ちしています。
また、特別支援教育、発達障がいのあるお子さんたちの支援について学びたいという学生のインターンシップ希望の方を募集しています。お気軽にお問い合わせください!

(担当 鳥居)

2018年1月9日火曜日

第7回発達臨床懇話会のお知らせ

こんにちは。TASUC国立教室の徳永瑞季です。
新年を迎え、本日より教室もスタートいたしました。
気持ちを新たに、今年も子どもたちとご家族の皆さんと共に挑戦を積み重ねていきたいと思います。

さて、本日は第7回発達臨床懇話会のお知らせです。
今回は「親離れ・子離れ」をテーマに親元を離れて生活を送ることを決意し、今まさに自立にむけて挑戦している方からお話を伺います。
実際の生活についてや、目標や葛藤、決意したきっかけなどご本人にお話していただきます。
恒例のグループワークもありますので、本人の意思決定や実際の生活をどのように支援し、トレーニングしていくのかを共に考えましょう!

日時:平成29年1月20日(土)14:00-16:00(開場13:45)
会場:国立市東地域防災センター(〒186-0002国立市東1-13-13)
定員:40名
申し込み方法:メール(kunitachi@tasuc.com)                 
       電話(042-505-9940)
申込期限:1月16日(火)
参加費:1500円(当日受付)



皆様のご参加をお待ちしております!

************************
教室にご興味がある方、ぜひお問い合わせをお待ちしています。
また、特別支援教育、発達障がいのあるお子さんたちの支援について学びたいという学生のインターンシップ希望の方を募集しています。お気軽にお問い合わせください!

042-505-9940(担当 鳥居)










2018年1月5日金曜日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
TASUC国立教室の鳥居麻生です。
旧年中はたくさんの方々にお世話になりました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

穏やかに新年を迎えました。皆様はいかがでしたでしょうか。

今年も、子どもたちにとって必要な
一貫性と継続性のある支援体制を、構築していきます。

〈やりたい仕事に就かせてあげたい!〉

この思いを胸に、
ご家族と共に本人たちの主体性を伸ばし、
たくさんの経験ができる1年にしていきます。
























↑自ら判断し、相手とやり取りするシーンを今年もたくさん作っていきます!




1月7日は、初詣を兼ねて、初歩き(ノルディックウォーキング)に、地域に繰り出します!
たすくメンバー、地域の皆さまとともに協働しながら事業を進めてまいります!

************************
教室にご興味がある方、ぜひお問い合わせをお待ちしています。
また、特別支援教育、発達障がいのあるお子さんたちの支援について学びたいという学生のインターンシップ希望の方を募集しています。お気軽にお問い合わせください!



042-505-9940(担当 鳥居)