2017年9月21日木曜日

家族と地域と協働する ~国立教室の家族会活動~

こんにちは。
TASUC国立教室の徳永瑞季です。

日増しに秋の深まりを感じるころとなりましたね。
秋といえば、スポーツの秋!
国立教室では毎週日曜日に家族会活動でノルディックウォーキングをして、良い汗をかいています。
先日は、子どもたちが国立の街を歩いている間に、今後の活動について話し合う家族会会議が行われました。
(ウォーキングの方ではお父さん達が大活躍!)


家族会会議では、後期の活動をどうするか、またどうしたらより一層家族会が盛り上がるか、たくさんのアイデアがでました。
普段参加していない人も参加したくなるような仕掛けを具体的に考えて、まずは10月末の家族会活動で実際に行う予定です。
前期はわたしたちスタッフも一緒になって企画・活動してきましたが、なんだかメンバーさんたちの方がアイデアいっぱいで素敵な企画となりそうです^^

この日は普段のウォーキングに参加してくれている国立在住のSさんが来てくださり、さらに話は盛り上がりました。
Sさんは国立でゴミ拾いや防犯パトロールなどの活動をされており、街づくりに対して熱い思いを持った方です。
そんな地域の方とメンバーさんで創り上げる家族会、これからが楽しみですね
今後国立の街のいろんな人と一緒になって活動していけるよう、わたしたちも国立の街へどんどん出ていきたいと思っています


何よりも、子どもたちが自分の暮らす地域で歩き、たくさんの人と出会い関わることが大切です。

自分の道は自分で切り開く!来週もみんなで一丸となって、声をあげて歩きたいと思います。エイエイオー!




************************
教室にご興味がある方、ぜひお問い合わせをお待ちしています。
また、特別支援教育、発達障がいのあるお子さんたちの支援について学びたいという学生のインターンシップ希望の方を募集しています。お気軽にお問い合わせください!

042-505-9940(担当 鳥居)

0 件のコメント:

コメントを投稿