2016年4月27日水曜日

第1回教材マスターの集い(保護者学習会)を開催しました!

みなさん
こんにちは。
TASUC国立教室の藤沼由美子です。
TASUC国立教室では、4月23日(土)に第1回教材マスターの集い(保護者学習会)を開催しました。
テーマは、「ライフステージを見据えた療育」〜カテゴリー10とPATHという手法を用いて〜です。

はじめに池田先生より本日の内容に関する講義がありました。

ASDなどの発達障がいのある人が出会うライフイベントをイメージしつつ、一貫性と継続性を保つために必要な「個別の支援計画」についてのお話がありました。

従来の「個別の支援計画」における反省点を皆で共有し、プロセスを重視することやライフステージを見据えていくことが必要であることを確認しました。

その上で、たすくの個別の支援計画(カテゴリー10)の内容を詳しく学び、機能する個別の支援計画とは何かを再確認し、その後のPATH(希望に満ちたもう一つの未来の計画)につなげていきました。

PATHでは、どんなに小さなお子さんでも壮大な夢を描いて、その上で、明日からすぐに取り組める「はじめの一歩」をグループワークを通して導き出すことができました。

希望に満ちた未来を見据えて、今を生きて行く。
今年度も、グループワークを通してお互いのストレングスを引き出し合う学習会にしていきたいと思います。

〈ずっと一緒だよ TASUC〉


0 件のコメント:

コメントを投稿