2016年1月30日土曜日

第五回 教材マスターの集いのお知らせ

こんにちは,TASUC国立の池田好です。
第5回教材マスターの集い(国立会場)のお知らせです。
今回のテーマは,
《J⭐︎sKepアプローチと「三種の神器」》です。
三種の神器とは,コミュニケーション・スケジュール・タスクオーガナイゼーションのなくてはならない必須のツールです。
三種の神器の総まとめとして,理論と実践のご紹介をとおしてお伝えします。
今回は,日々療育に取り組んでいる教室のメンバーさんのご家庭での実践も盛りだくさんの内容です。
どうぞご参加ください!


日時: 平成28213日(土)15:30~17:30(開場15:15) 
                                                  
講師:齊藤宇開(たすくグループ代表)
   池田好(TASUC国立)  
      
場所:Space Koyo5階(スペースコウヨウ)(国立市中 1-15-2向陽ビル5階)JR国立駅徒歩4分 

受講料:一般 12,000円 学生 3,000円
       保護者の方には割引制度がございます

お申し込み 電話・FAX:042-505-9940    


〈ずっと一緒だよ TASUC〉

2016年1月19日火曜日

1月19日 家庭学習の構造化

こんばんは,TASUC国立教室の志田雪絵です。
今月の教室目標は「お子さんにあった学習環境を作ろう」です。
構造化をし,お子さんが学習に取り組みやすい環境を作ること,自ら環境を整えられるように
なることは,日々の生活でもとても重要な項目です。
Kくんの療育では,家庭療育でのお母さん・お父さんの座る位置や課題の提示方法などを
一緒に検討をしました。
「自分の正面に課題を移して取り組むことができる」ことが課題のKくん。
療育ではスケジュールを確認した後,右側にあるボックスから自ら次の課題を取り出し,
自分の正面に設定することに取り組んでいます。
療育でうまくできるようになったことを,家庭ではどのように般化するか?
実際に宿題をしている机の環境や人の配置を聞き,ボックスを置く位置やお母さんの
座る位置を検討しました。

教室でできていても,自宅や学校での設定が難しい,という話がよくトピックとしてあがります。
机や椅子の高さの違いだけではなく,兄弟がいるときにはお母さんが二人一緒に宿題を
見ないといけないなど,教室とは違う変数が入ることも。
実際の場面を想定し,一緒に考えながら,教室だけではなく自宅や学校でも同じように
できるよう,般化の視点を持って療育に取り組んでいきましょう。

<ずっと一緒だよ TASUC国立>

2016年1月12日火曜日

1月12日 作業しやすい環境は自ら創る!

こんばんは,TASUC国立教室の志田雪絵です。

さて,今日のKくんの療育では「作業をしやすい環境を調整する」をテーマに,療育を行いました。
療育を始める前に,椅子に座って座りやすさをチェック。
足台の高さはどうか,座面の高さはどうか。
座りながら道具を使い,自分に合わせて調整をしていきます。


ねじを締めるための姿勢も注意。どんな体勢だとやりやすいかな?


実際に座ってみて,高さがあっているかチェック。



3点を超えてきたお子さんは,自分の作業する環境を,自分が使いやすいように合わせて
調整していくことがターゲットです。
自分はどうすれば作業がしやすいのか,試行錯誤しながら調整し,作業しやすい環境は
自ら創っていけるよう,練習していきましょう!

<ずっと一緒だよ TASUC国立>

2016年1月7日木曜日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
TASUC国立の池田好です。
今日は,スタッフ同士抱負を語り合いました。
昨年の反省も踏まえて,熱い話が止まりませんでした!
TASUC国立は地域の教室として3年目になります。
地域に根ざし,具体的な療育方法をお示しし,日々成長を実感できる場所としてあり続けられるよう,スタッフ一同志高く精進してまいります。

教室は明日から新年最初の療育が開始いたします。
冬休み明け,お会いできるのを楽しみにしております!

〈ずっと一緒だよ TASUC〉