2015年12月3日木曜日

理解が先

こんばんは,TASUC国立教室の茂手木雪絵です。

先日,教室に通ってくださっているお子さんの学校に行き,支援者会議を行いました。
ご家族,学校の先生,発達支援事業所の方が集まり,
お子さんの特性や配慮事項を中心に確認しました。

学力や生活スキル等の目に見える行動の裏には,どんな原因があるのか?
感覚処理の問題や,構造化の不足など,原因がわかれば対応が見えてきます。
「理解が先」

地域で暮らしていくために、ご家族だけでなく学校や地域の方にお子さんのことを正しく理解してもらうことの重要性を改めて感じた1日でした。

<ずっと一緒だよ TASUC国立>



0 件のコメント:

コメントを投稿