2014年9月5日金曜日

「選ぶ」の大切さ

みなさん、こんにちは。
TASUC国立の藤沼由美子です。
少しずつ秋風が感じられる日が増えてきましたね。

私たちがとても大切にしていることの一つに「選ぶ」があります。
今日は、そのお話をさせていただきます。

午前中にママと来室してくれた未就学のお子さん。
小さい体にエネルギーとやる気がいっぱい。
今日も、目を輝かせて来室してくれました。

まずは、入り口で靴を脱ぐためのいすの色を「選ぶ」。
















「最近、青が好きなんです。」とママ。
その通り!
しっかりと「青がいい」自分の意思を伝えてくれました。

自分で選んだいすに座ったので、くつをぬぐのも自分の意思でできて、とてもスムーズ。
しっかりとその後の入室スケジュールに沿って、お勉強の部屋に入ることができました。

お勉強を頑張った後のご褒美も、もちろん「選ぶ」。
















今回は、トーマスを選んで楽しんでいました。
たくさんの「選ぶ」を経験して、好きなことを目標に頑張れる環境を子どもたちに用意してあげたいなあと改めて思いました。


ずっと一緒だよ!
TASUC国立


0 件のコメント:

コメントを投稿