2014年5月8日木曜日

教室紹介①〜身体づくり〜

5月に入り,道々ではツツジがきれいに咲き誇っていますね。

今回からは,TASUC国立教室の紹介をしていきます!
TASUC国立では,主に3つのプログラムを実施しています。

・脳科学に基づく感覚・運動アプローチの“身体づくり”
・個に応じた個別学習を行う“個性化プログラム”
・小集団で社会性を学ぶ“社会化プログラム”

今日は,“身体づくり”の1つであるGymのお部屋をご紹介します。

ここでは,生涯にわたる,健康維持・管理に向けたサーキットトレーニングを行います。
ドーナツボールやエアロバイク,ルームランナーなどを使い,
サーキット形式で身体を動かす習慣を身につけます。
また,体重や血圧などを計って記録し,自分の身体の状態を把握することも意識づけます。

キーワードは『主体性』。
生涯にわたる習慣として身につけてもらうためにも,子どもたちが自ら取り組むことが大切です。

自ら次の運動を確認し,
自らその運動に取り組み,
そして時間になったら,自ら運動を切り上げる

一人一人が自分のスケジュールを見ながら,約20分,それを繰り返します。

『身体の動かし方』や『力の入れ方』を意識できる器具と,その為のスモールステップを用意して,お待ちしております!

TASUC国立教室  松永優佳子




0 件のコメント:

コメントを投稿